まっちゃんの桜の木陰日記

自然豊かな富山を舞台にランニング、サイクリング、そしてカイロプラクティックを施すミドルエイジアスリートの日記

雨の日に走ってみて今更ながら感じたこと…

富山のような雪国に住むランナーにとって、冬場のトレーニング場所の確保は重要な問題です。積雪がある中、どこを走ろうかということです。まだ本格的な雪は降ってませんが、自宅から見える山々を眺めるとすでに真っ白…。あの雪が平野部に降り積もるのは時間の問題です。

 

今週末は気温もグンと下がり、明日なんかは雪の予報も…。実際降るかは分かりませんが、雪ではないにしても、冷たい雨が今日も降り続いています。皆さんはどこを走って、この問題を乗り切っていますかね?

 

私は冬場、つまらなさは承知の上で体育館のランニングコースをグルグル周回することが多いです。精神的にもキツいんですが、それすらもメンタルトレーニングだと割り切ってやってますね。でも、こういった体育館のランニングコースって、土日は貸切等で使えないこともよくあるんですよね。

 

まさしく今日がそれでした。せっかく時間があるのに外は雨。体育館は二つほど当たってみたけど、どちらも使用不可。三つ目の県総の屋内練習場は使えたけど、受付時に「100名程度の中学生の団体と、30名くらいの大学生の団体が使用してるので、譲り合って使ってください」と言われました。それでも使えるんならと使用料を払って中に入りましたが、これが予想外の混雑。元々広くない練習場にこれだけの人数だし、途中からノコノコと1人でやってきて準備を始める私は、すでに熱を帯びた練習をしている中学生や大学生に混ざると明らかに浮いています。アウェー感たっぷりで、居心地が悪すぎです。(もちろん中学生や大学生は何も悪くありません。)

 

うーん、こんなことなら多少雨でも外走ろっか!

 

あまりの居心地の悪さに、私は10分もしないうちに屋内練習場を出ました。。そして雨で濡れるのは承知で、外を走ることにしました。

 

 

ところが、この冷たい雨の中を走るのは思いのほか快適でした。いや、快適というよりは快感ですかね。体が濡れ、快適とは程遠い環境ですが、気持ちは全然こっちの方が気持ちいいです。ウインドシェルのフードを被ればかなりの雨はしのげるし、自分の他に走ってるランナーはほとんどいないので、広々と開放的に道を使えるのは本当に心地いいです。あと、私だけかもしれませんが、「こんな雨の中でも走ってるんだから、神様は見てるはず!」だとか、「どうせ濡れるんなら、もっと降りやがれ!」なんてことを呟きながら走ってしまいます。自分に酔ってますね…。今日は私同様に雨の中トレーニングしてる中学生たちもいました。

 

つい先日、軽量のレインウェアも買ったことですし、多少の雨でも外走るのは全然アリですね。今年の富山マラソンがそうであったように、自分が出場を控えているレース当日の天候は、ひょっとしたら大雨かもしれません。でもそんな条件でも練習してきたパフォーマンスを発揮できるかは、やはりそれを想定した準備や対策をしてきたかだと思います。雨や雪を言い訳にして、走る場所が見つからないなんてことは言いたくないですね。

 

私と同じタイミングで冷たい雨の中走ってた中学生たち。屋内練習場で練習してた子たちに負けるんじゃないぞ!

言葉も交わしてませんが、そんな思いにさせられた、雨の土曜でした。

超軽量のレインウェア、ストライクジャケットをアウトレットで買ってしまった。

登山に行く際、必ず持って行くのがレインウェアです。どんなに晴れの予報でも必ず持って行くようにと、どのガイドブック読んでも書いてありますね。山で雨に見舞われるってことはそれくらいよくあることであり、それに対処しないと命にも関わります。ロングのトレイルレースでも必携装備となっていることが多いですね。

 

私が愛用してるレインウェアはモンベルトレントフライヤージャケットと、ティートンブロスのツルギライトジャケットです。トレランスタイルの時はトレントフライヤーで、登山スタイルの時はツルギライトって感じで使い分けています。2つとも軽くてコンパクト、そして着心地も快適なのでとても気に入っているのですが、トレントフライヤーの方はすこし年季が入ってきて、若干の機能低下も感じるようになってきました。買ったのは確か2013年だったかな?

その軽さは当時も今も大きな魅力ですが、近年はさらに軽くなって透湿性に優れたウェアが出てるんですよね。今回、別にレインウェアを買おうと思って行ったわけではないんですが、小矢部のアウトレットで偶然見つけたノースフェイスの超軽量レインウェア、ストライクジャケットを買ってしまいました。セールだったし、色、サイズ共に自分に合うモノが残っていました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171115180845j:image

3レイヤーながら130gと超軽量。耐水機能はゴアテックスに及びませんが、透湿性は上回るようです。

 

実はストライクジャケット自体は数年前から出てました。そのスペックやデザインを知った時から気になっていたし、ネットやオークション、店舗を探したりした時期もありましたが、自分好みの色やサイズが無かったりで、今までそのままに…。今回ついに買っちゃいました。

 

ノースフェイスのショップで気になったモノがもう一点。「FP25」という25ℓのザックを見つけ、試しに背負わせてもらいましたが、これがとても体にフィットして快適でした。実際に荷物を入れたらどうかは分かりませんが、トレランにも登山にも使えそうなスタイル。セールでお買い得だし、私は20ℓ前後のザックを持っていないのでギリギリまで購入を迷いましたが、今回は見送ることにしました。でもやっぱり欲しくなるかも…。スノーシュー登山にも使えそうだし。

 

とりあえずはストライクジャケットで低山をスノーシューで攻めてみようかな。

晩秋の僧ヶ岳は秋も冬も体験できたよ。

今シーズンのレースがすべて終わりましたが、山へ行くのは自由です。富山には3,000m級の北アルプスもあれば、1,000mに満たない低山もたくさんあり、積雪さえクリアできれば1年中、山を楽しむことができます。

 

先週の文化の日は魚津の名峰、僧ヶ岳に登ってきました。魚津市黒部市にまたがるこの山は、雪解けの季節には山肌の残雪が、麓から見ると「僧」に見えるのことからその名がついたのだとか。魚津の方にはよく知られてる山みたいですね。

 

僧ヶ岳の登山ルートは3つほどあるようですが、今回は累積標高差とコースタイムが1番長い片貝東又ルートから登りました。トレーニングも兼ねるならば、これくらいの負荷はないと。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171113210715j:image

登山口に向かう途中の車から。麓は紅葉真っ盛りです。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171113210824j:image

登山口に到着です。駐車場も一台のみ。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171113211219j:image

登り始めからいきなりの急登ですが、紅葉した木々と、バックの青空のコントラストに癒されます。ロングTシャツでスタートしましたが、すぐに暑くなり半袖姿に変身…💦何か所もロープが設置してあり、登山に慣れてない人には確かにキツいコースだと思います。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171114224938j:image

後ろを振り返ると、雪をまとった毛勝山がそびえてました。2,500m級だと、さすがにもの凄い迫力ですね。今年は行けなかったけど、来シーズンは是非行きたい山です。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171114225121j:image

右手の方にはこちらも富山の百山、駒ヶ岳の姿も。駒ヶ岳には僧ヶ岳山頂から登山道が延びています。 

 

f:id:kotobuki_matsu:20171114225544j:image

ようやくキツい登りを終え、伊折山まできました。ここからは多少なだらかになり、僧ヶ岳までは風衝地帯を歩きます。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171114225747j:image

目の前に僧ヶ岳が見えてきました。

この辺りまで標高を上げると、木々の葉はほぼ落ちていて、足元では乾いた落葉を踏みしめるとパリパリ、カサカサと心地いい音がします。フカフカしてて気持ちいいですね。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171114230304j:image

風衝地帯によくある池塘が姿を現しました。雪を被った後立山連峰も見えてきましたね。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171114230451j:image

標高1,600m付近まで来ると、日陰には解け残った雪がありました。確実に冬が近づいていますね。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171114230722j:image

登山開始から約2時間で僧ヶ岳に到着です。この間、下山途中の方1人とすれ違ったのみで、山頂も独り占めです。バックは白馬岳、こちらももう雪で真っ白ですね。

 

暖かい陽射しを浴びながら山頂で昼食を食べた後は同じルートを戻ります。もっと時間に余裕があり、もう少し補給食を用意してきてたならば駒ヶ岳まで足を延ばすことも出来たかもしれませんが、今回は両方とも足りません…。この時期は日が暮れるのも早いので、早々に下山です。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171114232059j:image

帰り道は少しランも混ぜて、軽快に降りてきました。降り積もった落ち葉を蹴散らしながら走るのは爽快感ありますね!たまに地面の凹凸が隠れてしまってて、滑りそうにはなってましたが。

 

下りは70分ほどで戻ってこれました。往復約3時間はコースタイム7時間半の半分以下です。今回速さにこだわったつもりはなかったんですが、体力、時間共に余裕を持って下山できたから良かったです。

 

この時期は秋から冬への季節の変わり目ですが、山ではその様子が目に見えて分かるので面白いですね。麓は紅葉真っ盛りの秋。中腹は落ち葉だらけの晩秋。 山頂付近は雪をまとった初冬。全てを3時間ほどで体験できた楽しい登山でした。

 

ワクワクする本に出会えました。

昔はそんなに本を読む人間じゃなかったのに、ラン二ングや登山をやり始めてから、少しづつ本を読むことが好きになってきました。主に人体や健康、リラクゼーションに関するものが多いですかね。いかに自らのパフォーマンスを向上させられるかを、書籍で学ばせてもらってます。

 

そんな中、ものすごくワクワクする本に出会えました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171106221855j:image

今回はコレ、「最高の呼吸法」です。

アイルランドの著者、パトリック・マキューンという方が書かれた、文字通り呼吸法に関する内容です。読みやすく、あまりに面白いので、普段読むのが遅い私でも、もう半分近くまで読んでしまいました。

 

表紙にあるように、深呼吸は体に悪いというショッキングなフレーズ…。ここで一気に引き込まれていきました。

 

そもそも現代人は呼吸過多で、空気を吸いすぎているという観点なんです。うーん、いっぱい吸った方が酸素をより取り込めて絶対に良いと思ってたんですが…どうやらそうではないみたいです。呼吸を適正量にすれば、体調も良くなり、運動パフォーマンスも向上するんだとか。まずは全ての呼吸を口ではなく、鼻でするようにとありますね。私もまだ実践途中ですが、内容は説得力もあり、いろんなエクササイズも紹介されていますので、何かしらは取り入れていけそうです。

この本の続きを読むのが、今は楽しみでなりません。成果のほどを、ここで紹介できたらいいですね。

100マイルの夢を追い続けて…

富山マラソンも無事終わり、2017年の私のレースは全て完了。今年のハイライトはやはり8月の立山マラニックの山頂ゴール達成と、9月の信越五岳の102㎞完走でしょう。特に信越の102㎞は本当は100マイル(160㎞)だったものが台風の影響により、距離短縮されたものでした。

 

先週、その信越五岳の完走証が郵送で届きました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171101231105j:image

信越の木材を使った木製の完走証です。参加者全員に配られたパイントカップもすごく気に入っています。完走証には名前とフィニッシュタイムも刻まれていて、とても素敵です!が、102㎞地点の黒姫がゴールになっているのが悔しいですね。

 

この完走証を見て、改めて100マイルへの憧れを強くしました。このままじゃ終われない…

 

自身初の100マイル挑戦だったにもかかわらず、悪天候で距離短縮となった2016年のUTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)。2017年は開催されませんが、来年は4月に開催されるようです。この募集期間が10月29日で締切られました。

富士山一周ではなくなったり、雪国ランナーには不利な4月開催だったりと、多少は魅力が減少した感は否めませんが、やはり100マイルは是非とも叶えたい夢でもあります。エントリーに必要なポイント獲得も満たしていたので、応募してみました。応募多数により抽選になりますが、やはり当選したいですね。

 

そんな私の心にどストライクな本を発見。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171101234348j:image

「ラン+トレイル」の27号。

100マイルの特集が組んであり、表紙は信越五岳の幻の完走バックルです。このバックルが私にとっての金メダル!2018年の信越五岳100マイルも必ず挑戦します!

雨でも素晴らしかった富山マラソン2017。

今回で3回目の開催となった富山マラソン2017。3回目にしてついに雨に見舞われましたが、無事に開催され完走も果たせて良かったです。台風の影響で中止になった横浜マラソンなどと比べると、雨こそ降り続けてましたが風は穏やかで、むしろ走りやすかったかもしれません。沿道の応援の方やエイドボランティアの方々は大変だったでしょうけど、今回も本当に素晴らしい大会になったと思います。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171030093047j:image

前日受付は夕方に。

参加賞Tシャツとは別に、シースリーフィット の富山マラソンTシャツを買いました。

 

 

f:id:kotobuki_matsu:20171030093237j:image

こちらは参加賞Tシャツ。過去2回よりはセンス良いかな…。個人的にはもうちょっと工夫が欲しいけど。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171030093415j:image

スタート位置につきます。半年前のエントリー時の申告タイムは忘れましたが、Bブロックからのスタートです。この時は雨止んでくれて助かりました。

 

正直なところ、このレースに向けた練習はほとんどやれてなかったので、自己ベスト更新はまず無理かなと思っていました。距離の不安はないけどスピードが足りないだろうと…。それでも3時間20分台ならいけるだろうと考え、序盤からキロ4分40秒ほどで走り続けます。2㎞ほどの地点で3:30のペースメーカーの前に出ました。彼らには抜かれないぞ!

 

f:id:kotobuki_matsu:20171030094325j:image

最初の折り返し地点を過ぎたあたりで、高岡在住の叔母の声援を受けます。事前にゼッケンと服の色を伝えていたので、すぐに見つけてもらいました。ランナーが比較的まばらだったのも好都合でした。

 

ここから先はほとんど写真がありません…。雨だと立ち止まって撮ったりするのが面倒なんですよね。手が濡れちゃうとタッチパネルも反応しづらいし…。

 

ペースは自分でも驚くくらい淡々と刻めました。「これくらいのペースならばラストまで行けそうだなー」が最後まで続いた感じです。立山マラニックの9時間だったり、信越五岳の17時間、道宗道の6時間と、長時間の活動には慣れていたので、体力が尽きたり足が止まるといった不安は全くなかったですね。

 

35㎞からはさすがにキツさを感じてきました。余裕あればペースアップしたかったのですが、結局はイーブンペースのまま…。全ラップをキロ4分30〜50秒内に収める、私にしては珍しい展開になりました。新湊大橋の登りあたりから、抜くことはあっても抜かれることはほとんどありませんでした。どのランナーも前半が早過ぎですよね。

 

雨のトレイルレースは嫌ですが、雨のロードレースは走り易くて実は得意です。暑さも和らぐので給水も最低限でいけるし、体も冷えるし空気も湿っていて呼吸もラクに感じます。水たまりでシューズや靴下が濡れるのは不快ですが、トレイルならそんなことは日常なので慣れてますからね。

 

結局ゴールタイムは3時間20分を切ることができました。自己ベストには2分ほど足りませんでしたが、調整不足にしては大満足です。どんな天候、体調であろうと安定した走りと結果を出すことを心掛けているので、目標は達成できたかな。速さよりは強さを証明できた気がします。

 

それにしてもフルマラソンにはフルマラソンのキツさがありますね。もっとタイムにこだわるならば、インターバルなどのスピード練習を増やしていくべきでしょうね。トレイルでは先行できているランナーたちが、フルでは私より速いのでもっと走力も上げなければ…。

 

これにて今シーズンの出場レースは全て完了です。冬場のトレーニングをしっかり積んで、来シーズンにさらなるレベルアップをしたいですね。

富山マラソン目前!ニューシューズ投入です。

台風の影響が心配ですが、今度の日曜は富山マラソンです。私は平均年7〜8回のトレランやマラソン大会に出場しますが、富山マラソンは私が参加する大会では最大級の規模で行われます。地元のメディアの取り上げもすごいので、普段は私の出場レースになど関心ない方(←それが普通です!)でも、今週ばかりは「出るんですよねー?」とか、「晴れると良いですねー!」と声を掛けてくれます。この時ばかりは有名人になった気分ですね。

 

ただ、ここ最近はフルマラソンに向けたトレーニングはしてきてないので、今回どこまで走れるかは甚だ怪しくもあります。しかも、ロードの勝負レースで履くことにしていたアシックスのターサージール5が、イマイチ自分の足に合ってないようです。キロ4分30秒以内のスピード練習や、20㎞以上を走るロング走を実施すると前足部に痛みが…。他のシューズでは全く痛まないので、やっぱりシューズが合ってないんでしょうね。衝撃が大きくなると、受け止めきれなくなるようです。

ただ、ターサージール5は反発もするし軽くてネットでの評判も上々。でも人気すぎて他人と必ず被るシューズでもあります。うーん、良いシューズなのは間違いないんですが、ここはいっそのこと別のシューズで富山マラソンに挑むことにしました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171026223419j:image

選んだのはコレ、大好きなアメリカのシューズブランド「アルトラ」のエスカランテです。アッパーの部分がニットになっていて、靴下のようなフィット感が売りみたいですね。確かに柔らかくて包み込まれるような感覚です。

 

 

早速今夜、このエスカランテを履いてきました!

 

スタート直後のジョグではさほど特徴は感じられず…。むしろ私の調子がイマイチなこともあり、このシューズがとても重く感じられます。ひょっとしてこのシューズ、失敗だったかな?と思い始めていましたが、次第にスピードを上げ、キロ5分あたりに突入するとだんだんとこのシューズが本領を発揮し始めました。当初の重さは何処へやら!地面からの反発をダイレクトに受け、どんどん前へ進めます。ニット地のアッパーも足に馴染み、走る終わる頃は「まだまだこのシューズで走りたいなー」と思えるほどでした。やっぱりこのシューズにして正解でしたね。

 

試走1〜2回のみの、ぶっつけ本番でレースへ投入となりますが、このシューズならば楽しく走れそうです。記録は後からついてくるでしょう!

 

f:id:kotobuki_matsu:20171026225322j:image

今日の昼休み、職場の窓から見えた立山連峰。すっかり雪化粧になりました。富山マラソン当日も、新湊大橋からこの景色が観れるといいのにな!