まっちゃんの桜の木陰日記

自然豊かな富山を舞台にランニング、サイクリング、そしてカイロプラクティックを施すミドルエイジアスリートの日記

2018年最初の登山はスノーシューで鍋冠山へ!

今週、富山では県の西部を中心に大雪に見舞われてます。平地でもこんなに積もったのは久しぶりですね。通勤も大変だし、物流も止まりコンビニから弁当やおにぎりが消えてます。雪に慣れているはずの富山県内でも、いろんな方面で市民生活に影響が出てきてますね。でもこんなに雪が積もって、心なしかウキウキしてる私は子供っぽいのかな…

 

さて、この大雪に見舞われる前の先週の日曜に、2018年の最初の富山百山に挑んできました。今回行ってきたのは上市町西種地区から登る鍋冠山(900m)です。

この山、ほとんどは富山百山の高峰山までと同じコースなんですが、その途中でルートを外れ、藪を漕がなければ山頂に行けません。なので薮が雪に覆われたこの時期にスノーシューで登ることにしました。この時点で平地の雪は消えてましたが、山にはたっぷりあるだろうと思ってました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180113161724j:image

スタート地点の西種地区ですでにこの雪!こりゃ期待できそうです。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180113162428j:image

集落内は融雪されてたため、スノーシューは手に持って歩いて行きました。集落を過ぎた地点からいよいよスノーシューを装着です。すでに先客がいたようで、踏み跡がしっかりありました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180113162644j:image

夏場にグループで登った高峰山のルートを、今回はスノーシューで単独行です。このコースは林道が長いんですが、スノーシューだと時に林道を外れ、ショートカットしながら標高を上げて行きます。雪質も軽くてかなり楽しい!

 

f:id:kotobuki_matsu:20180113162939j:image

左手の木々の合間から剱が見えました。「岩と雪の殿堂」の名に相応しく神々しいです。

 

本来スノーシューはスピードも出ませんし、負荷も掛かって結構キツいんですが、今回は踏み跡がずっと続いていたのでかなり楽でした。誰もまだ歩いていない雪原に、自分だけの足跡をつけるのも楽しいんですが、体力やルート選択の面からみると、この日はかなり助かりました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180113164132j:image

ラストの急坂もさほど苦労せずに無事山頂にたどり着けました。 残念ながらここが山頂だと示すものは何一つありませんでしたが、スマホGPSや、周りの山々と地図を照らし合わせても、ここが山頂で間違いなさそうです。

 

これで通算41山目を踏破。2018年の挑戦も無事スタートできました。今年も富山の百山を着実に登り、たくさんの景色や人に出会いたいと思います。

2017年の富山の百山踏破を振り返る!(1〜10山)

2018年も1週間が過ぎました。歳をとると年月が過ぎるのが早くなるといいますが本当にそう感じます。うかうかしてると今年一年もあっという間に過ぎ去ってしまいますね。日々大切に過ごさなければ…

 

さて、2017年から始めた富山の百山踏破の挑戦。ちょうど一年が経過したこの時点で、昨年登った40の山を振り返りたいと思います。今回は1山目から10山目までです。

 

 

f:id:kotobuki_matsu:20180108203236j:image

記念すべき1山目は牛岳です。2017年の元旦にスノーシューで登りました。私はこれがスノーシューデビュー。歩き始めはベタ雪でしたが、山頂から付近はパウダーで楽しかった。山頂の牛岳大明神で初詣を済ませました。

 

2山目は小佐波御前山です。麓から山肌を眺めると、雪も少なそうに見えたのでトレランシューズで登ったら、意外に雪が多くて驚きました。

 

 f:id:kotobuki_matsu:20180108205733j:image

3山目は金剛堂山。スノーシューを試したくなり、真冬の1,600m級の山に無謀⁈にも挑戦。でも踏み跡もあり、天気も良かったためなんとか行ってこれました。調子に乗った帰り道の尾根沿い縦走は今思い出しても無謀だったかな。

 

4山目、呉羽山です。おそらく百山の中で一番易しい山でしょう。平野部に積雪があったタイミングでスノーシューで登りました。

 

5山目、八乙女山です。こちらもスノーシューで…。八乙女山までは余裕でしたが、その先まで行きたくなり大寺山まで行ったのが失敗⁈行ったことのない山だったので、所要時間も分からず、かなり疲れました。

 

6山目の大乗悟山もスノーシューで登りました。なんとなくの土地勘と、低山だからとナメてたら、帰り道を間違えて全くの見当違いのところに降りてしまいました。雪山では地図が必須だと再確認。

 

 

f:id:kotobuki_matsu:20180108213337j:image

昨年スノーシューで登った山の中では一番の感動だった白木峰。夏山の賑わいとは真逆で、自然の厳しさを痛感させられた登山でしたが、その分感動も大きかったです。苦労して登った山頂から景色は一生忘れないでしょう。これが7山目でした。

 

約1ヶ月のブランクを経て再開した8山目は碁石ヶ峰です。雪が消えかかった時期にトレランスタイルで登りましたが、はっきり行って楽々でした。山頂までの往復よりも、登山口まで車で行く方が時間がかかり、登山というよりはドライブに行ったきた感じでした。

 

9山目はシーズンラストのスノーシュー登山になったキラズ山です。林道が長くなかなかキツかったですが、積雪期ならではのルートを辿れて満足です。無雪期だとこの山、薮が多くて展望もないらしいのですが、積雪期だと展望もなかなかでした。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180110000013j:image

10山目は城ヶ平山でした。ピクニック気分で気軽に登れる低山ですが、山頂も広くてなかなかの展望。この山とハゲ山の往復コースは走りやすくてトレーニングにもってこい!でも夏場は暑いかな。

 

 

次回は11山目から20山目までを振り返りたいと思います。 

ランニングフォームを見直したらシューズの履き心地に変化が!

先週購入したみやすのんきさんの著書「フォームの基本」の内容を実践しようと、年明けからフォームに意識を置いてランニングしています。この本では60項目もポイントが紹介されているので、全てを意識することは不可能なんですが…

 

その中でも私が、「あぁ、この感覚分かるかも!」と感じたのが、足を振り子のように動かすのではなく上から回す!と書かれていた点です。ランニングの正しい着地は「空きカンを上から潰すように走る」と表現される事もありますが、私、この感覚をすっかり忘れていました…。かなり意識して実践してた時期もあったんですが、いつのまにか疎かになってましたね。

 

今日はインターバル走+ダウンジョグの合計20㎞を走ったんですが、パフォーマンスはいつもと大して変わらず。ただ、今日のシューズはアシックスのターサージール5だったんですが、足元の感覚が普段とは明らかに異なりました。

私、このターサージール5は一年ほど前に、ネットで評価が高かったのを鵜呑みにして、割引もあったことからAmazonで買いました。なので試し履きもしてません。届いたのを早速履いてみた感想は、「軽くて反発もすごいけど、ソールが硬くてダメージありそう。路面を蹴る音も大きいな」という感じでした。走り方に合っていないためか、ロング走になると足の指の付け根あたりが決まって痛くなる症状も発生。それ以来、このシューズは短い距離のスピード練習に履くだけとなり、勝負レースに投入することはありませんでした。これはターサージール5が悪いんじゃなくて、単に私の走法に合ってないからなんですがね。

 

でも、今日履いたターサージール5は明らかに違うシューズの様でした。そう、これは私のランニングフォームが変化したためでしょう。あんなに硬くてうるさかったソールから、地面からの反発力がしっかりと伝わります。地面を蹴る音も以前とは明らかに小さくなりました。そして何よりも、決まって痛くなった足指の付け根が痛くなりません。

今日の練習、当初はインターバル走の10㎞程度のつもりだったんですが、あまりにも気持ちいいのでダウンジョグを10キロ㎞プラスしたわけなんです。恥ずかしながら、このシューズのポテンシャルに初めて気づいたかもしれません。

 

どんなに素晴らしいギアも、使う人のレベルやスキルでその性能が全く違ってくるのを実感しました。私の他に持ってる物も、まだまだ本来の性能を発揮できてない物がありそうですね。新しいギアを使うこともパフォーマンスアップには繋がりますが、自らのスキルを上げる努力も忘れてはいけませんね。

2018年はおとなしくスタートしました。

あけましておめでとうございます。2018年もミドルエイジアスリート(自称です)の名に相応しい活動をしていけたらと思っています。

 

さて、ここ毎年は元旦からランや登山で活動することがほとんどでしたが、今年はおとなしいスタートになりました。なんせ天候が良くないんで…。スントのリカバリータイムや、毎朝の心拍測定からも、疲れが出てるようなので休足日にしました。

 

それでも元旦ならば初詣くらいにはいかないと!

そこで、みぞれ混じりの雨の中、夕方から富山県射水市櫛田神社へお参りに行ってきました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180101224947j:image

ここをくぐって参道から本堂に向かいます。そこそこの人出でしたが、混雑と言うほどではありません。ピークの時間帯が過ぎてたのと、悪天候というのもあるでしょう。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180101225301j:image

ここ櫛田神社はお馬さんがいるんですね。戌年ですが、お馬さんと触れ合ってきました。でも朝から参拝客の相手で疲れたのかな?並べられた好物の人参にも全く興味を示しません。もうお腹いっぱい?

 

f:id:kotobuki_matsu:20180101225609j:image

本堂でお参りした後は恒例のおみくじです。お賽銭は気合の1,000円投入!金額で神様が特別扱いしてくれるわけはありませんが、これは気持ちの問題です。とっても清々しい気持ちになれたからオッケーです。

ちなみにおみくじは小吉でした…

 

 

f:id:kotobuki_matsu:20180101230000j:image

ついこの間ドラマ放送が最終回を迎えた「陸王」。私は見てなかったですが、最終回見てて感動したという彼女が、勢い余って原作本を購入しちゃいました。そしてこれまた勢いで2日で読破したというので、借りて読んでみることにしました。580ページ以上あるんだけど、これを2日で読んだって本当⁈自分は果たして何日かかるんだろ…

ちょうど正月休みなんで、少しづつ読んでみようと思います。

 

今年のお正月は天候良くないですね。明日も箱根駅伝のテレビ観戦かな…。

 

ランニング関連のモノが欲しくなる年末

いよいよ私も今日から年末年始の休みに突入です。まとまった休みになるので、時間を有効に使いたいですね。

 

今週、Amazonで2つのモノを買っちゃいました。1つはコレ!

 

f:id:kotobuki_matsu:20171230064631j:image

漫画家、みやすのんきさんのランニング関連本の第三弾、「誰も教えてくれなかったマラソン フォームの基本」です。

私、過去の二冊も買いました。これまでのランニングフォームの常識とされていた体の動きに違和感を覚え、漫画家ならではの視点で次々とその実態を明らかにしていく内容は、かなり新鮮でした。なにより、みやすさん自身が全くの運動経験なしから、50代にしてサブスリーを達成していることが、内容に説得力を持たせています。コレを実践すれば、私もやれるんじゃないだろうか?と思わせるてくれるんですよね。

 

今回の本はオールカラー。ケニヤ人のトップランナーのフォームの写真が満載で、過去の二冊でみやすさんが主張していた体の動きが、わかりやすく解説されています。これならばかなりイメージしやすいんじゃないでしょうか?まだサラッと目を通しただけですが、自分自身のフォーム改善に役立てたいと思います。

 

 

2つ目の買い物はコレ!

 

f:id:kotobuki_matsu:20171230070714j:image

なんだか分かりますか?

これ、左右独立型のBluetoothイヤホンです。単調になりがちな冬場の室内トレーニング用に買いました。こんなのって価格も高いイメージだったんですが、この品は4,000円未満で買えました。さすがAmazon!家電量販店などの店舗では2万円以上の高級ブランド物しか取り扱ってないのでかなりお得です。

私、これまでイヤホンは結構壊れること(壊すこと⁈)が多いので、とりあえずはお手頃価格なもので試してみようと思います。

 

さあ、これで年末年始の休みもたっぷり鍛えられそうです。あとは、年末年始のためほとんどの屋内施設が休館しているので、晴れて外を走れることを祈るばかりです。

メルカリでゲットしたランブルローラー が効きそうな予感。

スポーツのみならず、日常生活の疲労回復に効果があると言われるストレッチや筋膜リリース。その筋膜リリースを、専門家にお願いすることなく、簡単な器具で自らやってしまおうというのがこのランブルローラー です。

今やこの類の商品はたくさん出てますが、私がこれを選んだ理由はズバリ、一番効きそうだからです。他の方のレビューを読むと、類似商品よりはかなり痛いみたいですね。通常の硬さのブルーと、さらに硬いハードタイプのブラックがあるみたいですが、痛いの上等!とばかりにハードタイプの黒をゲットしました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171223192115j:image

メルカリで3,000円で購入しました。通常ならば7,000円くらいするので、かなりお得!

円柱形のトゲトゲした感じはまるで鬼の金棒ですね。このトゲが効果の秘密⁈ 

 

早速使ってみました!

まずはふくらはぎを乗せてみて前後にコロコロ…。あー、なるほど。こりゃ効きそう!痛みはなく、気持ちいい感じだなー……と思って、乗せる箇所を少しズラしてみると、途端に驚くような痛みが!

私のふくらはぎの側面にはなかなかなコリがあったようで、トゲに押されると足を引っ込めたくなるくらいの痛みが走ります。かける体重を調整しながら、ゆっくりとほぐしていきました。あぁ、イタ気持ちいい…。

 

するとどうでしょう。血行が良くなったのか、翌朝の脚はとっても軽々!ほぐし終わった直後や寝る前はズキズキして、痛みが残ったらやだなと思っていましたが、しっかり筋膜リリースが出来ていたようです。寒さや日々のトレーニングで硬くなりがちな筋肉をほぐすのに、ものすごく役立ちそうですね。

 

ちなみに背中にも押し当ててグリグリやってみました。こちらもそれなりに痛みますが、効果は抜群です。

 

 あと、こちらの方のブログに詳しく紹介されてますね。私も購入の際に参考にさせていただきました。

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&cd=28&ved=0ahUKEwj3vZLGpKHYAhWKErwKHZzdBqEQFgiUATAb&url=http://iwashirojoe.com/rumble-roller/&usg=AOvVaw2c-vagN7MmYw_2TVRd_1jR

 

 

ランブルローラー でしっかりリカバリーさせて、質の高いトレーニングを積んでいきたいですね

スノーシューはやっぱり高負荷!オープン前の牛岳温泉スキー場から山頂へ!

今年の富山は雪の降り始めが例年よりも早く、すでに平地でも何度か真っ白になりました。標高の高い山は、果たしてどれだけ積もっているんでしょうか?その前の週はツボ足で大苦戦したので、今回はスノーシューで山に登って来ました。

 

この日登ったのは、現在挑戦中の富山の百山の記念すべき1山目だった牛岳です。今年の元旦に、これまた初めてスノーシュー履いて登りました。今回はこの時よりは間違いなく雪が多くありましたね。

 

麓にある牛岳温泉スキー場の今シーズンのオープンは今週の土曜です。なので私が行った時はまだオープン前でしたが、これだけ雪があるなら、関係者は間違いなく今週からオープンしたかったでしょうね。秋ぐらいから「今年のは冬は雪が多いんじゃないか」と言われていましたが、本当にそうなる予感がします。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171220232328j:image

踏み跡が全くないゲレンデを登り、林道を経由して、ちょうど山頂までの中間地点あたりの休憩所です。標高にして700mあたりでしょうか。約1年振りのスノーシューはやはりキツイです。スノーシュー自体の重さも気になりますし、ランやウォークや比べて圧倒的に遅いので、トレランのスピード感覚で比較するとその遅さがストレスになります。「1時間でまだここまでしか来てないのか….」的な感じですね。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171220233211j:image

それでもトレイルに入るとさらに積雪が増え、雪質も軽くなり、薮が隠れるので自由自在に山中を歩けるようになります。これはこれで楽しいですね。森の小動物にでもなった気分です。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171220233458j:image

スタートから2時間20分かけて山頂に到着です。2017年の元旦に初詣した牛岳神社は、その時よりもさらに多くの雪に埋もれていました。

 

私が現在クリアできた富山百山は40山。これまで大きなトラブルもなく無事登山できていることの感謝と、これからの登山の無事を祈りました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20171220233837j:image

天気はなんとか持ってくれましたね。もっと風が吹いていたら、きっと山頂でのんびりご飯など食べていられなかったでしょう。この日はお湯を沸かし、持って行ったラーメンを食べました。もっと寒くなったらサーモスの出番かな。

 

下りは登りの約半分ほどの時間で降りて来ました。スノーシューは登りと下りで極端に負荷や所要時間が異なりますね。下りが本当に楽しいので、調子に乗っていると谷をズンズンと降りてしまい、行き過ぎてしまい登り返すということが多々ありました。これまた余計な労力と時間ですね。

牛岳は無雪期を含め、何度も登っているので道迷いはしませんが、なるべくなら地図とコンパスは持って行ったほうがよさそうですね。雪積もると、景色も一変します。特に今回みたいに踏み跡ないと尚更でしょう。地図読みも訓練しないと。

 

さあ、次の休みはどこへ行こう?