まっちゃんの桜の木陰日記

自然豊かな富山を舞台にランニング、サイクリング、そしてカイロプラクティックを施すミドルエイジアスリートの日記

憧れ続けた100マイラーの夢を叶えた信越五岳2018①(スタート前)

長年憧れ続けた100マイルへの扉を開く時がやってきました。今回出場した「信越五岳トレイルランニングレース」は今回で10回目を迎えたトレラン界でも超メジャーな大会です。これ以上の舞台はないんじゃないでしょうか?

 

心配された天候ですが、雨の予報が続いてましたが大会が中止や短縮されるほどではなく、どうやら問題なく開催されるとのこと。15日(土)の午前11時頃から車で現地に向かいましたが、途中晴れ間ものぞく天気でした。斑尾高原着いた頃は標高高いせいもあってガスガスでしたが…

 

f:id:kotobuki_matsu:20180920221535j:image

1年ぶりのスタート地点です。

ボランティアスタッフ立会いのもと必携装備のチェックがあり、それが完了してから受付を済ませました。今回は私、ペーサーを頼んでいた後輩くんがいたんですが、残念ながら体調不良でDNSになってしまいました。彼の分の参加賞も引き換えをしてきましたよ。私も残念だけど一番悔しいのは彼だろうなぁ。

 

受付後は斑尾高原ホテルの仮眠室にてスタート前まで休憩です。さすがに熟睡はできませんが、体を横たえ静かにしているだけでも休養にはなるでしょう。畳がひいてある大部屋でしたが、持参したマットやシュラフでなかなか快適に過ごせました。アイマスクや耳栓も役立ちましたね。

あと、この仮眠室でプロランナーの奥宮俊祐さんを見かけました。今回この信越五岳のレースは奥宮さんをはじめ、鏑木さん、原さん、山田さんといった国内有名選手が集結したオールスターゲームでもありました。スタート前から有名選手に会えて、テンションアップです。スタート会場へ向かうバスに乗る直前には鏑木さんの姿もお見かけしました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180920223348j:image

夜7時半のスタートが刻一刻と近づきます。スタート横のレストランでは110㎞の部に出場する選手のウェルカムパーティーが開催されてました。私は昨年同様、その会場で最後の腹ごしらえをしてスタート位置に付きます。そしてパーティーを終えた110㎞の選手たちも応援に加わり、声援を送ってくれます。さぁ!否応無しにも気合が入り、緊張が高まってきました。ついに100マイルへの旅が幕を開けます!

さあ、100マイルの旅へ!週末は信越五岳トレイルランニングレース。

憧れ続けた100マイルへの挑戦は、3度目の正直となるんでしょうか?2016年のUTMF、2017年の信越五岳と、過去2度の100マイル挑戦も悪天候のため距離短縮となり、未だ「マイラー」の称号は手にしていません。どうしても、「今度こそ!」の思いは強くなります。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180912224215j:image

準備もほぼほぼ完了しています。ザックはグレゴリーの「ルーファス12」を使用。100マイルの必携装備は問題なく入り、それでもまだ余裕があるので補給食も多めに持てそう。自作のトレイルミックス(ナッツやチョコ、柿の種などを混ぜたやつ)やマグオンジェル、くるみ餅が主な補給食になります。胃腸トラブルを起こさず、しっかり食べ続けることができたなら、完走はかなりの確率で成し遂げられると思っています。目標タイムは25〜26時間あたりが妥当かと…。

 

気になる週末の天気予報ですが……なんと雨です☔️。しかし、過去2回のような台風や長雨続きという具合ではないので、おそらくは通常開催されると予想しています。多少の雨の方が涼しくて走りやすそうですよ。

 

とりあえずレース一晩目は不眠が確定(夜7:30スタート)なので、今週はしっかり寝て睡眠負債を解消してスタートに臨むつもりです。

「On 」のシューズ、「クラウド」を履いてみた。

スイス発のブランド「On」の世界最軽量クッショニングシューズとウワサの「クラウド」。「クラウド=雲」の名の通り、まるで雲に浮いているような感覚の履き心地なんだとか。以前から気にはなっていましたが、富山にも取扱店があるとのことで現物を見てきました。

 

訪れたのは富岩運河環水公園のそば、富山市民体育館に併設されている「スポーツショップ ランナー」さんです。かつては大手町の市民プラザ内にあったお店ですが、2年ほど前からこちらに移転されてます。タニタ食堂なども併設されていて、とってもお洒落な店内ですよ。

 

早速店内を見渡してみると…ありました!ものすごく目立つ場所にディスプレイされています。このシューズ、とにかく見た目が洗練されててカッコいいです。カテゴリー的にはれっきとしたランニングシューズなんですが、普段履きに使用しても全く違和感がないくらいお洒落なシューズです。ランシューにまず求めらるのは履き心地や性能なんですが、見た目も重要ですよね。カッコいいシューズ履くと、テンション上がりますもん!

 

でも履き心地ももちろん確認です。そうでないとわざわざ現物を見に来た甲斐がありません。26.5㎝と27㎝の2サイズを履かせてもらい、どうやら私の足には27㎝が合うことを確認。お店の方が「少し走ってみてもいいよー」と仰られたので、約10mほどをジョグしてみました。

 

感想としては世界最軽量という謳い文句ほど、軽さは感じません。ターサージールやアルトラのONEのほうがよっぽど軽いかな?ただクッション性は実感できます。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180906233757j:image

このシューズの最大のウリはソール部分に空いた穴!この穴が潰れたり復元することによってクッションや反発の作用が働くようです。さすがに〝雲に浮いてるような″感覚までは体験できませんでしたが、今までの履きなれたシューズとは明らかに異なる浮遊感は感じました。ミズノやアシックスといった国産メーカーのシューズと比べると、足型は欧米向け(幅広というよりは長細い)といった感じですが気になるほどではありません。結果、従来の物とは一線を画す攻めたこのシューズを買うことにしました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180906234732j:image

カラーはネイビーで!本当は赤が良かったけど、サイズが無かった…。

 

昨日、早速このシューズで10㎞ほどをジョグしてきました。キロ5分30秒くらいのイーブンペースだったんですが、いろいろ気づきもありました。

 

まず、ドロップ差がかなり気になりました。私はアルトラやルナサンダル、ビブラムファイブフィンガーズなどのゼロドロップが大好きなナチュラルランニング派です。つま先と踵の高さの違いはすぐに分かりました。ゼロドロップに慣れた私にとっては違和感有りまくりのジョグになりました。

 

次にシューズの硬さです。履き心地も含めて全体的にタイトでカチッとした印象です。これ履くと気持ちも引き締まり、フォームを崩さずにしっかり走ろうという心理にもなりました。ただ逆を言うと、リラックスして走るシューズといった感じでありません。フルまでの距離ならば問題なくこなせそうですが、ウルトラを走ろうと思えば、その時は疲労も早そうです。あと、反発力は結構ありますね。スピードに乗ったら簡単には止まらない感じはします。

 

正直なところ、この日は足が重たかったせいもあり、クラウド履いたら尚更疲れてしまった点は否めません。慣れないドロップ差、硬い感覚は私にとってはストレスになってしまいました。ただこれで、このシューズの評価が決定したとは思っていません。暫く履き続けてみて、自分の足がどう感じるのかを観察していこうと思います。ひょっとしたら、劇的にタイムが向上することだってありうるかも‼︎

負釣山で野生を体験。大人しく撤退しました…。

9月になってもまだまだ暑いんですが、先月までのような猛暑からは少し落ち着いた感じがします。信越まであと2週間なので、疲れも残さないようにと低山を選び、百山チャレンジにもアタックしてきました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180904143338j:image

この日挑戦したのは入善町舟見地区から登る負釣山(おいつるしやま・おいつりやま)です。標高959mと手頃ですが登山口までの林道が土砂崩れで塞がれていて、約2㎞手前から歩いて行くことになりました。まあ、これくらいの負荷があった方がトレーニングにもなるな…と逆に好都合だと考えていたんですけどね。でもその影響でしょうか?他の登山者は全くいませんでした。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180904143935j:image

ガイドブックにも人気の山という紹介がされていて、登山道はとても整備されています。登山者が多いと自然と道も整いますね。いきなりの急登から始まりましたが、これくらいは余裕だなーとズンズン先を急ぎます。

 

一合目を過ぎて間も無くの箇所、登山道の真ん中にある動物の糞を見つけました。別に糞自体は珍しくないんですが、道の真ん中にある事に私は?となり、「あまり道の真ん中では見ないんだけどな…」と思いつつも、入山してる人が少ないから動物も近くに来てるんだなと理解する事にしました。

 

そこからさらに100mほど進んだところで、今度は左側の藪の中から聞き慣れない音が聞こえます。ドドドドーッという明らかに人工の音ではない初めて聞く音が!「なんかいるな!」ととっさに感じた私はすぐさま引き返し、先程の糞があった辺りまで戻ってきました。このあたりで心臓はバクバク、身体中から汗がタラタラと流れて行きます。もちろん、登山がキツくてじゃなく「もしかして…クマ?」という緊張感からです。

 

実はこの日、熊鈴は携帯していませんでした。行きの車内で忘れた事に気付いてましたが、そんなに大事とも捉えておらず、まあ大丈夫でしょうと判断しそのまま入山したんです。

「まさかこんな事になるとは….」と感じつつも、忘れてきたものは仕方ありません。でもまだクマと分かった訳じゃないからこのまま撤退はしたくありません。

 

そこで手を叩き、スマホで音も鳴らしながら再度ゆっくりと登り始めました。するとどうでしょう、先程音がしてた場所からは何も聞こえません。その場をすんなり通過して、きっと向こうも嫌がって遠ざかってくれてんだなーとホッとしたその瞬間でした。30mほど進んだところからまたさっきと同じ音が聞こえます。

 

はい、今度は完全に撤退しました。一度ならず二度も同じ音を聞いてしまい、しかも移動してるとなれば疑いようがありません。おそらくは向こうの警戒音だったのでしょう。鉢合わせて取り返しのつかない事態になる前に、今回は潔く撤退です。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180904152115j:image

よくよく見れば、林道や登山口に至るまでの道でも「熊、出没注意」の張り紙があちらこちらに張ってありました。やっぱりこの山は出るんですね。多くの登山者が訪れているならば向こうも避けるんでしょうけど、林道が塞がってて登山者が激減してる(入善町のホームページでは登山を控えるよう周知されてる)から、熊にとっても自由に動き回れるのかもしれません。

 

でも、実際の姿を見なくて良かった!もし目撃してたならすっかり怖気付いてしまい、しばらくは山に行けなくなった事でしょう。効果のほどは疑問視されてますが、次回からはちゃんと熊鈴持っていきます!あと、撃退スプレーもあった方がいいのかな…?でも確か、すげー高かったような…。

信越五岳の準備を着々と…

トランスジャパンアルプスレース立山登山マラニックといった、2018年の夏を熱くしてくれたレースも終わり、秋になればいよいよ私の番です。人生初の100マイルレースの完走へ、徐々に準備を整えていかなければ。

 

とはいえ、結果的に距離短縮になりましたが、過去二回100マイルレースのスタートラインには立っているので必携装備などは一通り揃えてあります。新たに買い揃えるモノはそんなにないかな……と思っていたら、思わず手が伸びてしまいました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180829222513j:image

信越五岳のレースプロデューサー、石川弘樹さんが手掛けたトレランザック、グレゴリーの「ルーファス12」です。またまた覗いたメルカリで一度のみの使用のものが格安で売り出されていたので思わずポチッと!

ルーファスは先行発売されてた8リットルのタイプを試着した時は、「自分の体にはフィットしないなー」って感じていたんですが、この12リットルは、とあるショップで背負った時はかなりの好印象でした。容量も大きいし、フロントやサイドなど至る所にポケットがあり、基本ザックを降ろさなくても補給が出来る工夫がなされています。そして何よりカッコいい!これ大事です!

 

すでに2回ほど荷物入れて試走もしていますが、背負い心地はとっても快適でした。フロントポケットにボトル入れるんですが、かねてから使用してるシンプルハイドレーションがピッタリです。(春から使用してるシェイクハンドは少し縦に長いのではみ出てしまう…)

おそらくは本番もこのチョイスになるでしょう。

 

そして、ロングレースでいつも頭を悩ませる補給食も新たな一品を投入しようかと考えています。それがこちら!

 

f:id:kotobuki_matsu:20180829224210j:image

北海道にあります天狗堂という食品会社が製造、販売してる「くるみ餅」です。1本40gで152kcalが摂取できます。あの井村屋のスポーツようかんよりも高カロリー。そして特筆すべきは1本108円という優れたコストパフォーマンスと、とっても美味しいということです。どんなに栄養価が高く優れた効能でも、美味しくないと補給そのものが苦痛になります。ロングレースだと胃腸トラブルを起こしやすく、そうなったら無理やり食べることも強いられますが、自分の好物ならばなんとか食べれるかもしれません。まぁ、そうならない事を祈っていますが。

 

ありがたいことに自宅近くのコンビニでいつも店頭に並んでいます。お店の方も「根強いファンも多いので、これからも取り続けますよ」とのこと。12本入りを2つくらい箱買いしようか真面目に検討してます。

今年はボランティアで参加!第21回立山登山マラニック

あれからもう一年経ってしまったんですね。

 

昨年の20回記念大会で念願の山頂ゴールを達成した私。あの感動を今度は他のランナーに味わってもらいたく、その手助けになればと思い今年はボランティアで参加しました。海抜0mから3,003mへの旅は、ここ富山でしか体験できない素晴らしいイベントです。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180825215456j:image

事前に配られた案内とボランティア用のバンダナ。名前入りストラップとバンダナがボランティアスタッフの証です。

 

さて、当日は残念ながら雨の予報。この大会、本当に雨に祟られる大会ですね。昨年の山頂ゴールが5年振りだったので、次の山頂ゴールまで、また数年待たないといけないのかと感じてしまいます。ただ、朝起きた時、立山駅に集合した時、今回私が担当する弘法エイドに到着した時はいずれも曇り空でした。ライブカメラ観ると、標高2,000m以上から雨と風が強くなっているようです。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180825220153j:image

到着したら約10名程のスタッフとエイドの設営です。例年弘法エイドは地味な印象でしたが、今回から「癒されエイド」に生まれ変わり、水饅頭は振る舞うわ、音楽は鳴らすは、女子が浴衣でもてなすわで、えらく賑やかになりました。私はというと、体力ありそうだと見抜かれて、弘法よりも先の七曲りという地点の道案内に指名されました。選手が進む木道と車道が重なる地点なので、選手が車道に出ないように案内する係です。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180825221256j:image

AM8:30頃からPM12:30分まで約4時間の任務。幸い雨にも降られず、無事選手を案内できました。

私の印象としては、ウォークの部の方と比べ、マラニックの選手が少なかったことです。出場者は数倍マラニックの方が多いにも関わらず…です。聞くと、どうやらロード区間でかなりのランナーが体力を消耗しリタイヤ、もしくは関門に掛かってしまったようです。早朝からの高温(30℃近く?)、向かい風が堪えたようですね。自然が相手の大会ならではの厳しさです。今年みたいな条件だったら私も大苦戦したかも…。

 

道案内を終えた後は、エイドを撤収して室堂にバスで移動です。どうやら今回も山頂ゴールはお預けとなり、室堂がゴールに設定されていました。まぁ、バスから降りたら雨風で寒い寒い😨。ここまでたどり着いた選手たちは凍える寒さだったと思いますね。私も一昨年や3年前を思い出しました。

 

実は晴れていたら雷鳥沢キャンプ場でテント泊をしようかと計画してたんですが、さすがに諦めました。こんな天気では全く楽しくないし、下山後のテントのメンテナンスを想定するとゾッとします。大人しく当日中に下山しました。

 

選手のみなさん、お疲れ様でした。

そして、今回ボランティアという役割で大会に参加しましたが、実行委員をはじめとする関係者の方々の、大会にかける想いみたいなものをひしひしと感じることができました。選手の時には見えなかった、ちょっとした舞台裏を覗いたような感覚ですかね。私、今後も選手として参加する大会があるでしょうが、全ての大会関係者に感謝の気持ちは忘れちゃいけないなと改めて感じました。

 

 

久々の低山登山。アルプスも悪くないけどトレイルはやっぱり最高。

お盆も過ぎ、1週間胸を熱くさせたTJARも閉幕しました。夏の甲子園も閉幕し、私の中では夏が終わりを告げつつあります。

 

アルプスの夏山シーズンはまだまだ真っ盛りですが、今回は久々に低山を登ってきました。睡眠負債返済のため早起きしなかったのが理由ですけどね。(←単なる寝坊です)

 

今回は黒部市にある鋲ヶ岳(861m)と烏帽子山(1,274m)の2山です。先週までの暑さが一気に和らいだ印象だったので、低山でも快適かなと目論んでの登山です。それでもまぁ、暑かったですけどね。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180821223254j:image

まずは北陸道に乗り魚津ICで下車、黒部方面に向かいます。山あいのくろべ牧場からさらに山奥へ進み、嘉例沢森林公園に車を停めます。ここまでが遠い…。あたりはキャンプ場になっていて、登山口もすぐそこにありました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180821223919j:image

手入れされた登山道を10分も登ると早くも尾根に出ました。分岐を左に進み、まずは鋲ヶ岳に向かいます。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180821224058j:image

なんと5分ほどで鋲ヶ岳山頂に着いてしまいました。ここが富山の百山の52山目になります。この山は丁寧に手入れがされていて、尾根も緩やかなので結構走れます。でもそうすると汗が吹き出てきました。 涼しくなったとはいえ30度近くはありそうなので、やっぱり暑い😵

 

f:id:kotobuki_matsu:20180821224607j:image

先ほどの分岐まで戻り、今度は右側へ!烏帽子山から延びる尾根づたいに山頂を目指します。ご覧の通り、気持ちのいいトレイルが続いてます。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180821225251j:image

途中の展望台から宇奈月温泉の街並みが見えます。バックにそびえる、白馬岳をはじめとする後立山連峰は雲に半分隠れてました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20180821225451j:image

スタートから1時間ほどで烏帽子山の山頂に到着です。53山目ですね。

夏山シーズン真っ最中で、みんなアルプス行ってるんでしょうか?途中で出会った登山者は2人だけでした。お陰でガンガン走れましたよ。

 

烏帽子山の登山道は、来月参加の信越五岳のトレイルと似た雰囲気がありました。標高も似たようなもんだし….。アルプスなどのガレ場、岩場だらけとは違って、土のトレイルは足元にも優しいのでドンドン飛ばせます。次第にテンションも上がる!

 

帰りはさらに早く、35分ほどで駐車場まで降りていけました。いやぁ、ここのトレイルは魅力的だなぁ…こんな場所があるなんて、全然知らなかったし、また来たいなと思わせる山でした。でも家からは結構遠いんだよね。しょっちゅうは行けないのが残念でなりません。