読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっちゃんの桜の木陰日記

自然豊かな富山を舞台にランニング、サイクリング、そしてカイロプラクティックを施すミドルエイジアスリートの日記

全てが最高!5度目の飛騨高山を完走したぞ。〜前編〜

ランニング

高山市のみなさん、今回も素晴らしい大会をありがとうございました。5回目の今回も、大会関係者やボランティアスタッフ、ともに100㎞の果てなき道を並走した参加ランナーの方々のおかげで無事完走できました。

 

 f:id:kotobuki_matsu:20160613144530j:image

スタート時は曇り空で気温もひんやり。「暑くなるなー」と念じながらスタート位置につく。

 

f:id:kotobuki_matsu:20160613145028j:image

約10㎞地点の風景。スタートからキロ5分半くらいで進んでいたが、周りが速すぎてビックリ!でもこの辺りから徐々に抜く人数が増えてくる。

 

f:id:kotobuki_matsu:20160613145315j:image

21㎞の朝日村の道の駅エイド。相変わらず賑やか。今回はエイド食をバッチリ補給することにした。

 

f:id:kotobuki_matsu:20160613145458j:image

「がんばらんにゃだちかんぞ!」

はい、その通りです。

 

ペースの多少の上下はあるもの、30㎞までは順調に走れてる。スタート直後は体が重いと感じたが、むしろそれで慎重になれた。行けるところまでキロ6分で進み、サブ10ペースを長く維持することを目標にした。

 

f:id:kotobuki_matsu:20160613162652j:image

今回は高山市ゆるキャラたちとツーショット写真を撮ってみました。

まずは一人目、「高根こん太」くん。

 

 

 f:id:kotobuki_matsu:20160613162702j:image

37㎞地点の飛騨高山スキー場エイドにて。

えーっと、名前わかんないや。

 

 

f:id:kotobuki_matsu:20160613150413j:image

53㎞地点で乗鞍岳をバックに。隣の方はゆるキャラではありません。仮装ランナーの方です。

 

 

f:id:kotobuki_matsu:20160613162717j:image

54㎞地点。ぎふ清流国体のキャラクター「ミナモ」くん。

 

57㎞地点の丹生川エイドまではサブ10ペースを維持。心配された暑さもさほどではなく、補給も順調。行けるところまでこのペースで行こうじゃないの!

 

だがそんな目論見も千光寺の坂で砕かれてしまう…。過去4回走っているから、この坂がどれほどのものかを知っているのだが、今回もやっぱり甘くなかった。

 

〜後編〜に続く…