読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっちゃんの桜の木陰日記

自然豊かな富山を舞台にランニング、サイクリング、そしてカイロプラクティックを施すミドルエイジアスリートの日記

ランニング本の購入。ゼロベースランニングとは?

書籍

メリークリスマス!

どうも、まっちゃんです。

 

それにしても今週は暖かかったですね。先週末に富山に積もった雪もあっという間に溶けてしまいました。私のスノーシューデビューの時期がまた遅れそうですね。

 

さて、今の時期は陽も短く、暗くなるのが早いので、あまり長時間の活動はしてません。夏場のように一日中トレイルや山を駆け巡るなんてことは私には無理です。やっている方もいるようですが…。

ならばロード中心でも質の高い練習を心掛けるとともに、ランニング関連の書籍を読んでトレーニングに活かそうと考えています。今回購入したのは…

 

f:id:kotobuki_matsu:20161224171127j:image

高岡尚司さんの本、「ゼロベースランニング」です。文字通り、ランニングをゼロベース、つまり人間の体に本来備わっている機能から見直し、効率よく速く、長く走ろうというものです。このコンセプトは、私も熟読した名著「BORN TO RUN  走るために生まれた」で紹介されたナチュラルランニングの流れを踏襲していますね。

 

ナチュラルランニングは私も常に心掛けている概念です。ルナサンダルやビブラム・ファイブフィンガーズを履いたりしているのはそのためです。なので、この本に書かれている内容はほぼほぼ理解できましたし、200ページ近くありますが1日掛からずに読み終えました。まあ、実践できているかはまた別の話なんですけど…。本書の中には写真入りでストレッチや動き作りの紹介がされているので、参考にしていこうと思います。

 

 

そして今日、早速このメソッドを心掛けてビルドアップ走をしてきました。内容は最初の5㎞をキロ5:00で入り、次の5㎞をキロ4:40にアップ、ラスト5㎞をキロ4:20で走る、計15㎞のトレーニングです。結論から言うと、確かにとても楽には感じましたね。動きにロスが少なく、体が勝手に動いてくれるという感覚です。「こりゃすげぇー」って感じでしてよ。ただ、完全に自分のモノにするにはまだまだ反復練習が必要ですね。今日がたまたま出来ただけかもしれません。明日以降にも再現できるかは甚だ怪しいもんですわ。