読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっちゃんの桜の木陰日記

自然豊かな富山を舞台にランニング、サイクリング、そしてカイロプラクティックを施すミドルエイジアスリートの日記

能登和倉万葉の里マラソン2017を振り返る

レース翌日は筋肉痛でしたが、ようやく普段通りの状態に回復してきました。気持ちも整理できてきたので、この大会を振り返りたいと思います。私にとって、フルマラソンに本気で向き合うのはこの大会が唯一なんです。

 

今回のレースで目標に掲げたのは3時間15分切り。冬の期間の練習の充実度や、2週前の30㎞走の内容から、おそらく達成可能と自信もあったんですが…。結果は目標に2分足りない、3時間16分58秒。レースプランとしては、15㎞までがキロ4分40〜50秒。15㎞から30㎞までがキロ4分30〜40秒。30㎞からスパートして、キロ4分20秒くらいでそのままゴールへ…というものでした。

 

しかし結果は30㎞以降にペースアップしたかったのに上手くいかず、終始イーブンペースで押し通したカタチになりました。スパートするスタミナが残ってなかった、という一言に尽きると思います。30㎞走では存在しなかった、序盤のアップダウンで徐々に体力を使ってしまったとが原因でしょう。やっぱりこのコースは甘くない。脚は最後まで残ってたんですがね…。

 

f:id:kotobuki_matsu:20170318163157j:image

ゴール直後に係員の方にお願いしてのワンショット。タオルが逆なのはご愛嬌…。

 

ゴール手前や直後は悔しさばっかりだったんですが、ラン仲間に自己ベストは更新できたことを伝えると、誰からも「おめでとう!」や「スゴイね!」の言葉をいただきました。不思議なもんで、周りから言われると「今回のレースは成功なのかな」と思えるようになりました。一気のタイム短縮はなかなか叶いません。チョットずつでもいいから、過去の自分を超えていく努力を続けていくべきなのかなと思いました。

 

私にとって、この大会からランニングシーズンが始まります。今年も怪我なく楽しく走りたいですね。