読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっちゃんの桜の木陰日記

自然豊かな富山を舞台にランニング、サイクリング、そしてカイロプラクティックを施すミドルエイジアスリートの日記

3週間後の能登和倉マラソンに向け30㎞走をやった

フルマラソンの3週間前に30㎞走を実施するのは、ここ最近のレースでは定番になってきています。多くのランナー雑誌でも、3週間前に30㎞走をやって、2週前に20㎞走、1週前に10㎞と徐々に負荷を落としていく方法が紹介されています。本番への脚づくりと、疲労を抜く観点からいくと、理に適っているように感じているので、私もそれを取り入れているんです。

 

悪天候の予報に反して昨日は晴天。午後から仕事が入っていた為、午前の間にその30㎞走をやることにしました。今回の設定は10㎞毎のビルドアップ。最初の10㎞をキロ4:50で入り、次の10㎞を4:35、ラストの10㎞を4:20で回す、結構な高負荷で挑戦です。場所は富山県総合運動公園のクロスカントリーコース(1周2.1㎞)。私のホームグランドですね。

 

序盤は脚が重く30㎞がとてつもなく長く感じられます。まだキツくはないけど、この先ペースを上げていけるのか不安でした。

ただ、次第に重かった脚がほぐれてきたのか、10㎞通過あたりでは少し余裕も出てきました。ここからキロ4:35にペースアップです。

 

この練習で唯一の補給、ショッツを16㎞地点で摂ります。もちろん水分はこまめに摂りますが。ショッツの効果はてきめんでした。摂取した途端に元気がみなぎってきます。そのまま20㎞までは調子よくペースを刻みます。

 

ペースを上げたラストは25㎞あたりからキツさが倍増。ショッツの効果も切れたようで、脚、心肺共に追い込まれてる感が出てきます。ラスト3㎞あたりからは多少ペースも落ちましたが、なんとかやり切れました。

 

総合タイムは2:17:13。練習内容的には概ね満足ですが、本番はこのあとまだ12㎞もありますし、条件は全く異なります。この日みたいに気温が絶好で、風もなく、坂もないコンディションはあり得ません。まあ、補給はもっと摂れるし、応援もあってハイテンションで走れるというメリットもあるんですけどね。

 

そういえば能登和倉万葉の里マラソンの案内も届いていました。

f:id:kotobuki_matsu:20170219200640j:image

私のフルマラソンの自己ベストは昨年のこのレース。今年も自己ベスト更新を目指します。目標は3時間15分切りです。