読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっちゃんの桜の木陰日記

自然豊かな富山を舞台にランニング、サイクリング、そしてカイロプラクティックを施すミドルエイジアスリートの日記

バイク&ランで夫婦山を踏破

ランニング バイク

こんにちは、まっちゃんです。

 

今週になり峨山道からの胃腸トラブルも回復し、ようやくランニングが楽しめるようになりました。そういえば今週は東京でも初雪が降ったとか。富山の初雪はまだ先っぽいですね。まさか富山よりも東京の初雪が早いとは意外ですが、今日の貴重な晴れ間、大切に使いたいですね。

 

そんなわけで今日は地元の山に挑戦。夕方から用事があるので、それまでには帰ってくる必要があり、あまり遠くは行けないので近場にしました。行き先は夫婦山。800mにも満たない低山ではありますが、富山の100山にも指定されている郷土の山です。

ただ、先週の自転車もかなり楽しかったので、登山口までを自転車、そこから先の登山道をトレランで登るというスタイルで臨むことにしました。

 

登山口まではおよそ12㎞、自転車ならなんてことない距離なんですが、登り基調であることや、想定してたルートが工事で通行止めで迂回させられたことも影響してかなり時間掛かりました。距離も15㎞くらい走ったかな…。

 

f:id:kotobuki_matsu:20161126152850j:image

車では通れないルートを無理やり抜けていきました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20161126153010j:image

ようやく夫婦山の麓に到着です。夫婦山は二つのピークを持つ双耳峰なんです。左が男峰で右が女峰。二つのピークの間が松瀬峠です。

 

f:id:kotobuki_matsu:20161126153607j:image

登山口に自転車を停め、ここからはトレランで登ります。

 

f:id:kotobuki_matsu:20161126153650j:image

登り始めて30分ほどで松瀬峠に到着です。距離は短いので体力はあまり必要ないですね。ただ、斜度は結構あります。ロープも使った方が安全です。

 

f:id:kotobuki_matsu:20161126153952j:image

一つ目のピーク、女峰です。あまり展望はないですね。

 

 

f:id:kotobuki_matsu:20161126154048j:image

峠に戻り、今度は男峰を目指します。こちらはなかなか急な岩場もありますね。でもロープもあるので慌てなければ大丈夫です。

 

f:id:kotobuki_matsu:20161126153048j:image

男峰に到着です。こちらは見事な展望が望めます。到着時は10人ほどの団体さんがお昼御飯中でした。

 

f:id:kotobuki_matsu:20161126154804j:image

頂上からは富山平野が一望できます。富山湾能登半島も見えますね。

 

f:id:kotobuki_matsu:20161126154906j:image

南側には白木峰の姿が。山頂付近は白く雪があるようです。

 

f:id:kotobuki_matsu:20161126155029j:image f:id:kotobuki_matsu:20161126155041j:image

立山連峰もキレイに見えました。剱、立山、薬師はいつ見てもいいなあ〜。

 

f:id:kotobuki_matsu:20161126155303j:image

平野部からは見えない黒部五郎や槍ヶ岳の姿もここからは望めました。槍ヶ岳は穂先がかろうじて見える程度でしたが…。

 

頂上でお昼を食べ、40分ほど滞在してから下山しました。なんと帰りはトレラン15分、バイク35分という合計1時間以内で帰宅できました。体の負荷的には少し物足りなさもあるのですが、追い込むばっかりでなく、こんな楽しみ方もいいですね。おかげで、夕方の用事までにブログも書けました〜。