読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっちゃんの桜の木陰日記

自然豊かな富山を舞台にランニング、サイクリング、そしてカイロプラクティックを施すミドルエイジアスリートの日記

祝!山の日。山に行きまくった1週間。〜岩と雪の殿堂編〜

登山

2016年の今年から施行された新しい祝日、「山の日」

 

山の日とは………「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」だとか。

日本有数の山岳県富山に住んでいる以上、山に行かないなんてあり得ないでしょ!

ということで、今週は富山が誇る名山に行ってきました。

 

実は山の日である8月11日ではなく、その前日も休みだったため、その日に行くことに。

行き先は「岩と雪の殿堂」剱岳

剱岳には幾つかのアプローチがあるんですが、お気に入りは馬場島から早月尾根を辿るルート。今回もここから剱を目指します。

 

f:id:kotobuki_matsu:20160813211409j:image

登山口に建つ、「試練と憧れ」の石碑。

早月尾根を最も的確に言い表す言葉として有名です。

 

このコースは途中に早月小屋があるだけで、それ以外は水場が全くありません。真夏の登山、そして急登にアタックするため、水不足は死活問題。今回は2リットル以上持って登りました。

 

スタート時は曇り。登り続けてもガスが立ち込め、「こりゃ今日はハズレだったかな…」と思っていましたが、標高2,000メートルを超えたあたりから晴れてきました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20160813212703j:image

約1時間45分で早月小屋に到着。5分ほど休憩しました。

 

f:id:kotobuki_matsu:20160813213234j:image f:id:kotobuki_matsu:20160813213247j:image f:id:kotobuki_matsu:20160813213305j:image

剱岳山頂が待ち構えてます。

ラストの700メートルは、もはやランやウォークではありません。両手両足を使ってのクライミングです。

 

f:id:kotobuki_matsu:20160813213638j:image

スタートから3時間11分で登頂です。去年より30分以上短縮できました。

 

平日だったこともあり、意外に登山者はまばら…。

山頂では私一人になる瞬間があり、この名峰を独り占めという幸せな時間を過ごせました。

 

下りは約2時間半で無事下山。

富山に住んでいる以上、剱は毎年一回は登りたいですね。