まっちゃんの桜の木陰日記

自然豊かな富山を舞台にランニング、サイクリング、そしてカイロプラクティックを施すミドルエイジアスリートの日記

大会

雨でも素晴らしかった富山マラソン2017。

今回で3回目の開催となった富山マラソン2017。3回目にしてついに雨に見舞われましたが、無事に開催され完走も果たせて良かったです。台風の影響で中止になった横浜マラソンなどと比べると、雨こそ降り続けてましたが風は穏やかで、むしろ走りやすかったかも…

立山登山マラニックの記録証とDVDが届いた。

8月に参加した「第20回立山登山マラニック」の記録証やDVD、記念品の木製フォトスタンドが届きました。フォトスタンドは記念大会だから今回のみ特別でしょうね。 DVDは9月にテレビ(BBT)でも放送された内容と同じですが、自分も映ってることもあって何度も…

道宗道トレイルで五箇山の歴史に触れた秋の休日(後編)

道宗道トレイルも後半に突入です。 縄ヶ池エイドを出て、竜の背中と呼ばれる坂を登り高清水山を目指します。この坂、前の週に試走した時はさほどのキツさを感じなかったんですが、今回は足こそ止まりませんがペースはずっと遅くなりました。もちろん先週とは…

道宗道トレイルで五箇山の歴史に触れた秋の休日(前編)

体育の日の三連休の日曜、五箇山の行徳寺から井波の瑞泉寺までの古道を走る「道宗道トレイルラン」に出場してきました。私の出たロングコースの部は36㎞。信越五岳の後ということもあり、36㎞ではロングだと思えない感覚になっていますが、制限時間9時間、累…

100マイルじゃなくても最高だった信越五岳2017 ⑥閉会式

夜通し17時間も走り、一晩丸々徹夜したにもかかわらず、レース後の睡眠時間はごくごく普通でした。夜9時くらいに布団に入り、翌朝は5時くらいには目が覚めました。10時間以上は寝ちゃうんじゃないかと思ってましたが、そうでもなかったですね。深夜は台風の…

100マイルじゃなくても最高だった信越五岳2017 ⑤赤倉〜黒姫

赤倉エイド到着時には、スタートからすでに14時間以上が経過していました。この時点で自己最長の走行時間を更新です。 赤倉エイドには私の彼女が応援に駆けつけてくれていました。車の運転が得意ではない彼女は、富山から新幹線や在来線、バスを乗り継いでこ…

100マイルじゃなくても最高だった信越五岳2017 ④アパリゾート〜赤倉

アパリゾートを出ると、細かなアップダウンを繰り返しながら、徐々に下っている感覚はありました。「早く明るくなってほしいなー」と思いつつも、9月の中旬にもなると朝5時を過ぎないと明るくなってきません。しかしちょうどトレイルを抜け、田園風景が広が…

100マイルじゃなくても最高だった信越五岳2017 ③赤池〜アパリゾート

赤池エイドを出ると、まずは袴岳へと登っていきます。この赤池から、次のアパリゾートのエイドまでは19㎞。袴岳への登りとその後の下り、さらに関川沿いに下りきってからは、今回100マイル用に切り開かれた新たなトレイルを巡るとあって、かなりの苦戦が予想…

100マイルじゃなくても最高だった信越五岳2017 ②スタート〜赤池まで

私が到着したころ、スタート地点のレストランハイジでは、110㎞の部に出場のランナーたちがウェルカムパーティーの真っ最中でした。立食パーティー形式ですが、所狭しと並べられた料理やドリンクで会場は大賑わい。こっちはこれから長く苦しい旅に出る緊張感…

100マイルじゃなくても最高だった信越五岳2017 ①スタートまで

2017年シーズンの勝負レースとして挑んだ、信越五岳トレイルランニングレース。人生初の100マイル挑戦になるはずでしたが、台風の影響を受け102㎞への距離短縮が前日に発表されました。 同日の京丹後ウルトラなどは大会の中止を決定。他のトレイルレースもい…

信越五岳直前!100マイルへの挑戦はまたしても…

楽しみにしていた「信越五岳トレイルランニングレース」でしたが、明日からの三連休にかけて接近する台風18号の影響で、残念ながら距離短縮が発表されました。私が出場予定の100マイルの部は160㎞から102㎞へと短縮されます。 全国的に大雨に見舞われるよう…

ついに山頂ゴールが実現!第20回立山登山マラニックを完走(後編)

前編の続きです。 山頂ゴールできる喜びに包まれながら、元気よく室堂エイドを飛び出しましたが、エイドをしっかりと利用しなかったことが、実は地味に影響してきました。室堂に大勢いる観光客をパスしながら、すれ違う登山客とはご挨拶。「頑張って〜」「ど…

ついに山頂ゴールが実現!第20回立山登山マラニックを完走(前編)

立山登山マラニック 富山に生まれ育ったランナーであり山好きの私としては、この大会の完走はどうしても達成させたい悲願でした。去年、一昨年と連続出場しましたが、いづれも悪天候のため山頂の雄山までは行けず室堂がゴール。それでもそれなりの達成感はあ…

会心の走りに自分も驚いた立山山麓トレイルラン。

25日の日曜、富山トリプルマスターシリーズの第二弾、「立山山麓トレイルラン」に参加してきました。私が走ったのはロングコースの20㎞。 ロングなのに20㎞程度なの…?なんて思ったてたらとんでもない!!このコース、累積標高が2,000mを超える超ハードな設…

新設される信越五岳の100マイルにエントリーできた!

私がトレイルランニングを始めた頃からの夢、それは100マイルレースを完走することです。その夢の実現は昨年9月のUTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)出場で叶うものと思っていましたが、荒天によりまさかの距離短縮。44㎞のレースになってしまい、100マ…

事実上の初完走⁈第6回飛騨高山ウルトラマラソン。

今年で第6回目を迎えた飛騨高山ウルトラマラソン。縁あってすべての大会に出させてもらってます。 過去の大会では前泊、後泊したこともありましたが、今年は行きも帰りも当日移動。前日の受付も含めて、土日で高山まで2往復したことになります。片道1時間半…

メンタルの重要性を再確認した飛騨高山ウルトラマラソン。

「ウルトラマラソンはメンタル7割、実力3割」は100㎞ウルトラマラソンの世界記録保持者の砂田貴裕さんの言葉です。その言葉の意味を、私は今回身を以て体験しました。 ウルトラマラソンランナーにとって、目指すべき目標はやはりサブ10(100㎞を10時間以内に…

恒例の飛騨高山。今年はどんな結果が待ってるだろう

私にとって、毎年6月の第2日曜日は「飛騨高山ウルトラマラソン」の日です。今年もまた、高山を走ることになりました。 今年の横断幕。第1回目から数えて6回目。全てに出場、完走できていることは、私にとってかけがえのない思い出と財産と誇りになっています…

数年振りの「いっちゃんリレーマラソン」は楽しかったよ

「いっちゃんリレーマラソン」はおそらく、富山県内で開催されるランニング関連の大会で、最も早くエントリーが埋まる大会だろうと思われます。今年はエントリー開始から12時間以内で埋まりました。 実は私たちのチームも先着順の一次募集には間に合わず、二…

暑さにやられ、やっとの思いでゴールしたTOGA天空トレイルラン

今年のトレイルレースの第一弾、地元富山の「TOGA天空トレイルラン」を走ってきました。このレースは3年連続の出場になります。なんとの大会、昨年スポーツ庁長官賞の第1号を受賞した素晴らしい大会なんです。 この日は週間天気予報で予測されていた通り、…